寝落ち電話の危険性・メリットやデメリットは?気を付けるべき3つのポイント

あなたは寝落ち電話の危険性を知っていますか?

最近よく聞く「寝落ち」という言葉!なぜあなたは寝落ち電話をしてしまうのでしょうか?この記事を読んで、寝落ち電話の危険性について考えてみましょう!

寝落ち電話の危険性について

まず、「寝落ち」という言葉を確認しておきましょう。

寝落ち…自分でも気付かないうちに寝てしまうこと。

そして、寝落ち電話という言葉を確認してみましょう。

寝落ち電話…電話をしている相手や自分のどちらかが眠ってしまっても電話を切らずそのまま状態にしていること。どちらかが眠るまで電話を続けること。

寝落ち電話といっても、どちらかが眠った段階で電話を切らず、朝までそのままにしておくこともあります。

会話をしていなくても電話を切らずにそのままにしておくのです。

寝落ち電話の危険性

この記事では、寝落ち電話の危険性について、携帯電話本体・バッテリー、自分のこころとからだ、相手との関係の3つに分けて確認していきます。

寝落ち電話の危険性と携帯電話本体・バッテリー

寝落ち電話をする方のほとんどの人が、携帯電話を使用しているのではないでしょうか。無料通話アプリのおかげで、料金も気にせず気軽に電話ができるようになりました。

携帯電話を使用していて、携帯電話が熱くなった経験はありませんか?

長時間の携帯電話の使用は、本体やバッテリーに負担がかかります。さらに充電をしながらの寝落ち電話は、バッテリーに相当の負担がかかっています。

寝落ち電話の危険性と自分のこころとからだ

寝落ち電話をするのは、あなたのからだが疲れているからですか?それとも、不安を紛らわせるためや安心感を得るためですか?

仕事や勉強が忙しくからだが疲れ果てていることが原因であれば、一度生活習慣を見直す必要がありそうです。

良質な睡眠が十分にとれなくなると、疲れが残ったままになり、心身の不調につながります。

寝落ちの危険性と相手との関係

寝落ち電話をするということは、ある程度相手との人間関係が築かれていることが想定されます。

しかし、電話よりメールやメッセージなど文字でのコミュニケーションを好む人や、生活リズムや時間の使い方の違いなど、親しい関係であっても注意すべき点はあります。

ただ愚痴を聞いてほしい、共感してほしいという自分の気持ちを優先しすぎると、せっかく築いた信頼関係を失ってしまうことになるかもしれません。

寝落ち電話のメリット

ここでは、寝落ち電話のメリットを見てみましょう。

相手を身近に感じられる

なんといっても、寝落ち電話のメリットは相手を近くに感じられることですよね。一緒にいるような感覚になり、幸せを感じる時間でもあります。

そのまま朝まで電話を切らないタイプの人は、翌朝相手の声で目覚めることで相手をより近くに感じているようですね。

直接会うことが難しくても、相手との距離を縮めることができるのが寝落ち電話の最大のメリットですね。

寝落ち電話のデメリット

しかし、寝落ち電話にはいくつかのデメリットがあります。

携帯電話本体やバッテリーの著しい消耗や事故につながる

最初にお話ししましたが、携帯電話の取り扱いには注意が必要です。寝落ち電話をするとなると、負荷がかかったバッテリーは発熱しやすく、扱いによっては発火する可能性が高まります。

充電しながらの寝落ち電話は控えましょう。

関係性が崩れることにつながる

寝落ち電話の頻度が高くならないよう、自分に合ったストレス解消法を知っておくといいでしょう。毎日の生活で、気付かないうちに疲れやストレスがたまってはいませんか。

ささいな出来事や悩みを話してコミュニケーションを取っていた寝落ち電話が、いつのまにか愚痴や不満ばかり言ってしまう電話になってしまっていませんか?

聞き手からすると、自分が思う以上にストレスになっているかもしれません。相手にストレスや義務感を感じさせるのは避けたいですね。

寝落ち電話の切るタイミング

寝落ち電話の切るタイミングについてお話しましょう。

相手が寝たとき

相手が寝たときが寝落ち電話を切るタイミングの1つですね。寝落ち電話をする気がなかったのに気づいたら寝てしまっていたという方もいるかもしれません。

寝落ち電話をする前提で通話を開始する場合は、事前に電話を切るタイミングについてルールを決めておくといいですね。

どちらかが寝てしまったら通話を終了し、メールやメッセージで相手を気遣う一言を送るのがおすすめです。

朝起きたとき

2人とも寝てしまっても、電話を切らず朝まで通話状態にしておく場合ですね。おはようの挨拶をしてから電話を切りたいという人も多いかもしれません。

お出かけするまでの時間もそのまま通話状態にしている人もいるかもしれませんね。

寝落ち電話をするときのコツや注意点

最後に、寝落ち電話をするときのコツや注意点を2つ確認しておきましょう。

相手のことも考える

夜に好きな人に電話したくなる瞬間ってありますよね。そんなときこそ、いったん落ち着いて相手のことを考えることです。

電話に長い時間を費やすことに肯定的な人もいれば否定的な人もいます。寝落ち電話をする場合は、事前に相手の生活リズムや時間の使い方も把握しておきたいですね。

突然電話をかけるのではなく、メールやメッセージで相手の都合を聞くのも寝落ち電話のコツですよ。

携帯電話の取り扱い

寝るときに携帯電話を布団やベッドの上に置いたままの人も多いのではないでしょうか。

就寝時の携帯電話の利用についてはさまざまな意見がありますが、何度もお伝えしているように、充電しながらの携帯電話の利用には特に注意が必要です。

便利な携帯電話ですが、安心・安全に使うために注意事項を改めて確認してみましょう。

まとめ

  • 寝落ち電話をしてしまう理由を考えてみる。
  • 相手の生活リズムや時間の使い方を知り、負担にならないペースを守る。
  • 就寝時の携帯電話の取り扱いについて理解する。

寝落ち電話には、メリットもあればデメリットもあります。

寝落ち電話をする場合は、メリットとデメリットを理解した上で、お互いの負担にならないペースを守りたいですね。