もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

チーズケーキの粗熱すぐに取る方法 |冷蔵庫冷やすコツや注意点を解説

ベイクドチーズケーキは、焼いてから冷蔵庫で冷やして、冷たい状態で食べるケーキです。

レシピには「粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす」と書いてありますが、具体的にどうやって、どの程度冷ましてから冷蔵庫に入れるのか、悩んだことはありませんか?

また、あまり時間がないから、早く粗熱を取りたい時は、どうしたらいいでしょうか?

この記事でチーズケーキの粗熱をより早く取る方法と、コツをお教えします。

チーズケーキの粗熱の取り方

『粗熱を取る』とは、『加熱後アツアツの状態から、触れる程度まで冷ます』ことです。

焼いた後そのまま冷蔵庫に入れると、周りの物の温度が上昇し、傷みやすくなったり、チーズケーキ自体にも、水滴がついて食感が変わってしまったりします。

冷蔵庫に入れる前は、必ず粗熱を取るようにしましょう。チーズケーキの粗熱を取る、基本の手順は以下のとおりです。

  1. オーブンから、焼きあがったチーズケーキを取り出す。

焼きあがったら、すぐにオーブンから出しましょう。型を外すタイミングはレシピによって異なりますが、崩れるのが心配なら、つけたままで大丈夫です。

  1. ケーキクーラーに載せる。

チーズケーキの下の面に水滴がたまらないように、ケーキクーラーか、脚のついた金網に載せて、下からも空気が当たるようにします。

そのまましばらく室温で放置します。このまま室温で2~3時間放置すると粗熱が取れます。

粗熱が取れたら、乾燥を防ぐためラップをかけ、冷蔵庫で3時間~一晩冷やします。熱いままラップをかけると、水蒸気がつきますので、注意しましょう。

チーズケーキの粗熱をさらに早く取る方法

  1. 基本の冷やし方に加えて、扇風機かうちわで風を当てる。

早く冷やしたい時は、ケーキクーラーに載せたチーズケーキに、扇風機かうちわで風を当てます。

注意点は、焼き立てのチーズケーキは型が崩れやすいので、扇風機なら弱風にします。また、直接風を当てるのではなく、周りの空気が流れる程度にしましょう。

この方法だと一時間強で、粗熱が取れます。

  1. さらに、冷たいボウルや冷却材で冷やす。

1の方法で少し冷えてきたら、裏技を使うとさらに時間を短縮できます。

裏技1

冷蔵庫で大きめのボウルを二つ冷やしておき、1の少し冷めたチーズケーキを入れ、上からもう一つのボウルをかぶせます。

冷たいボウルでサンドすることで、より早く粗熱が取れます。

熱いまま入れると、すぐにボウルの温度が上がってしまうので、ある程度冷ましてから入れて下さい。

 

裏技2

事前に冷凍庫で発熱用の冷却枕を冷やしておき、その上に平らなお皿を置いて、チーズケーキを上に載せて冷やします。下からは冷却材、上からは風を当てると、より早く粗熱を取ることができます。

粗熱を取る時間は、室温やチーズケーキのサイズにより誤差があるので、最終的には触って確かめてください。

また、表面を冷やしても、中はまだ熱いことがありますので、しっかり冷ますようにしましょう。

チーズケーキの粗熱の取るときのポイント

チーズケーキの粗熱を取る際のポイントは、下記のとおりです。

  • 焼けた後は、すぐにオーブンから出す。
  • 冷やす時は上からだけでなく、下からも空気を当てる。
  • 早く冷やしたい時は、形が崩れないよう気を付けて、扇風機などで風を当てる。
  • さらに早く冷やしたい時は、冷やしたボウルや冷却材を使う。
  • 粗熱が取れてから、ラップなどをかけて乾燥を防ぐ。

チーズケーキを作る時の注意点

ベイクドチーズケーキを作る工程は主に

  • 材料を混ぜる 約30分
  • オーブンで焼く 約50分
  • 粗熱を取る 1時間以上
  • 冷蔵庫で冷やす 3時間以上

以上の4工程になります。食べたい時間の少なくても5~6時間前から、作り始めるようにしましょう。

ベイクドチーズケーキは、比較的失敗しないケーキと言われますが、たまに失敗してしまうこともあります。その原因を理解すれば、次からうまく作るようになれます。

失敗その1 ボソボソしてしまった。または水っぽい。

対策: 材料が十分に混ざっていないと、焼き上がりがボソボソしたり、水っぽくなったります。クリームチーズは事前に室温に戻し、なめらかになるまで丁寧に混ぜましょう。

失敗その2 外は焼けているのに、中は生だった。

対策: オーブンにより焼き上がり時間は異なります。何度か焼いてみて、ちょうどよく焼ける時間を見つけましょう。

外が十分に焼けていても、もう少し加熱したい時は、アルミ箔で覆って調節しましょう。

チーズケーキの豆知識

一口にチーズケーキと言いますが、種類も製法も様々です。いろいろなレシピを試して、好みの味を見つけましょう。

  • ベイクドチーズケーキ

最もポピュラーなオーブンで焼くチーズケーキです。クリームチーズと生クリーム、卵、小麦粉などを混ぜて、オーブンでしっかり焼きます。

  • ニューヨーク・チーズケーキ

ベイクドチーズケーキの一種ですが、天板にお湯を張って湯煎焼きします。よりクリーミーな食感が楽しめます。

  • レアチーズケーキ

ゼラチンなどを使って固める、焼かないチーズケーキです。柔らかな口当たりが特徴です。

  • スフレチーズケーキ

メレンゲを入れて、ふわふわに焼き上げるチーズケーキ。土台はクッキー生地ではなくカステラを使うことが多いです。

  • バスク風チーズケーキ

最近流行のチーズケーキです。クリームチーズをより多く用いるので、中は濃厚、外は焦げ色がつきます。

その他、チーズタルト、スティック型、フロマージュなど、チーズケーキの種類はとても豊富です。

また、生クリームやフルーツ、チョコレートなどをアレンジすると、おしゃれなデザートに変身します。

まとめ

  • 粗熱は触れるようになるまで、しっかり取る。中まで十分に冷ます。
  • オーブンから取り出したら、下の面も空気に当てる。
  • 扇風機などで風を当てると、さらに早く冷える。
  • 冷たいボウルや、冷却枕を併用すると、さらに時短。
  • ラップをかけるのは粗熱が取れてから。

しっかり冷やしたチーズケーキは、コクが出て、なめらかな口あたりになります。手際よく粗熱を取ってから、冷蔵庫で十分に冷やし、おいしいチーズケーキを作りましょう。