おねしょされた布団は干すだけ?対処法と100均便利グッズで時短術

子育てをしているとほぼ全てのママが通るであろうトイレトレーニング。その中で必ずといっていいほど対処に困るのが「おねしょ」ですね。忙しい朝や雨の日なんかにされたものならママは大変!

しかし、布団におねしょをされた場合の正しい対処法や時短術を知っていれば、ママはとっても助かりますよね。

そこで、おねしょされた布団の処理に困るママのために、おねしょを発見した後の対処手順から干し方、ママが助かる便利グッズまでご紹介します。

おねしょで布団は干すだけでいいの?正しい対処法について

おねしょを発見したら、とりあえず天日干し!ありがちなやり方ですが、実はこのやり方はNGです。

何故なら、尿に含まれる悪臭の原因となるアンモニアは、時間が経つにつれどんどんきつい臭いを放ちます。また、尿に含まれる成分が布団の中に蓄積され、雑菌の繁殖にも繋がるからです。

正しい対処方法として、まずは尿をしっかりと吸い取ることです。おねしょをされた後の布団で一番困ることは悪臭ですね。この悪臭を少しでも除去するために、タオルやオムツ、またはペットシーツなどで尿が染み込んでいる部分をしっかり抑えながら吸い取ります。

ここで出来るだけたくさん吸い取るように意識しながら押さえつけましょう。

おねしょした布団を干すときに心掛けておきたいこと

おねしょをされてしまった布団。出来るだけ丸洗いして綺麗サッパリさせたいところですね。

ですが、ママも一緒に寝ている分厚い布団におねしょされてしまった場合などは丸洗いが難しいかと思います。

そんな時は、シャワーを使うと便利ですよ。しっかり尿を吸い取った後、お風呂場やベランダでおねしょ部分だけをしっかり洗い流しましょう。

おねしょ部分に向かって円を描くように、布団がボトボトになるくらいしっかりお湯を染み込ませていきます。

しっかり洗い流すように意識しながら布団を濡らしたら、尿と一緒にお湯を出し切るようにぎゅっと絞ります。これを数回繰り返します。布団の匂いを嗅いでみて、まだ尿の臭いがするようならさらに繰り返しましょう。

おねしょした布団を干すときに注意すること

お湯で洗い流す際、やってはいけないのは熱湯を使うことです。

殺菌もできるから一石二鳥なのでは?と思いがちですが、実は熱湯をかけることで尿の成分を布団の中に留めてしまうことがあるからです。

尿の中にはタンパク質が含まれています。このタンパク質は、熱湯をかけることによって固まる性質があるので、熱湯は避けましょう。

また、時間がなかったり洗うのが面倒な場合に消臭スプレーを振りかけてしまいがちですが、これも出来るだけ避けるようにしましょう。

スプレーした後は臭いが緩和されたように感じても、時間が経つにつれ臭いがまた戻ってきますし、香り付きのスプレーを振った場合などは匂いが混じってさらに臭くなってしまったということもあります。

おねしょした布団を干すときに便利な道具

消臭スプレーは避けたほうがいいですが、代用できる便利なスプレーがあります。それは、クエン酸スプレーです。

①500mlのペットボトルにぬるま湯を入れ、クエン酸(粉末)を小さじ2強入れて蓋をして振ります。蓋部分をスプレーに替えて、おねしょ部分がびっしょり濡れるくらいスプレーしていきます。クエン酸は、アンモニアを分解する性質があるので、尿のお掃除にはぴったりなんです。

ここで、クエン酸が家にない…という場合は、酢水で代用できます。

②500mlのペットボトルに水と酢を半分ずつ(1:1の割合になるように)入れて振って混ぜます。後はスプレーするだけです。

スプレーした後は、必ず濡れた部分の水分をしっかり吸い取っておきましょう。

おねしょした布団の干し方と注意すべきこと

尿を吸い取り、洗って絞る(またはスプレーして吸い取る)作業が終わったら、天日干ししましょう。

よく晴れた日の午前9時以降から14時頃の、お日様が上にきている時間帯が最もカラッと乾きます。夕方になると湿気が出てきて、せっかく乾いた布団がジメッとしまうので、出来るだけ15時くらいまでには取り込みましょう。

せっかく尿を除去したのに湿った状態でしばらく放置していると、雑菌が繁殖して生乾き臭の原因になるので、ここまでの作業は出来るだけ手早く行うようにしましょう。

冬場でおねしょした後の布団が干せない場合は?

梅雨などの雨が続く日や、冬場の気温が低く洗濯物が乾かない日におねしょされることなんてよくある話ですね。そんな時はどうやって布団を干せばいいでしょう?

外に干すことは出来ないので室内干しになる訳ですが、ここで必要になるのが室内物干しです。

出来るだけ布団を折らずに広げて干せる布団用タイプのものが最適です。布団乾燥機があれば、なるべく温風が布団全体にあたる位置に置いて活用すると良いですね。

また、浴室に乾燥機が付いている家庭なら、浴室乾燥機で乾かすのが良いでしょう。

布団干しも乾燥機もない…そんな時は、思い切ってコインランドリーで乾かしてしまいましょう。地域によっては宅配ランドリーもあるので、車がない家庭は活用するのと良いですね。

また、冬場だと暖房の下やストーブやヒーターなどの近くに置いて、定期的に布団の方向を変えながら乾かすのがベストです。ただし、火事にならないように注意は必須です。

布団を干すのは悪いこと?布団を干す時の心がけ

天気のいい日に布団を干す家庭は多いですね。ですが、干し方に注意や配慮をしておかないと、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

特にマンションでは、共用部の手すりなどに干さないようにしましょう。布団を干す際は必ず自分の家のベランダ、軒先などにしましょう。

また、重みや風で飛ばされて思わぬ事故につながることもあるので、干す時は必ず布団用のクリップなどで飛ばされないようにしっかり挟んで干しましょう。同じ理由で、風の強い日は室内干しにするのが良いですね。

また、布団を干すと、ついバシバシ叩いてカラッとさせたくなりますが、あまり長く叩いてしまうと騒音と捉えられてしまうこともあるで、そのあたりも意識しておくと良いですね。

100均でも揃う!便利なおねしょ対策グッズ

おねしょ対策グッズはたくさん販売されています。ベビーグッズを売っているお店ならば必ず揃うグッズや、出来るだけ安く済ませたい方必見、100均でも揃う便利グッズをご紹介します。

小さな子供さんがいるご家庭はもちろん、ペットを飼っているご家庭でも役立ちますよ。

子供がいるご家庭で買ってよかったおねしょグッズに、必ずランクインするのが防水シーツです。さらに、腰に巻くタイプの防水タオルやおねしょ防止パジャマ(ズボン、パンツ)なども人気です。

また、オムツを取ってパンツトレーニングをしているお子さんなら、パンツに挟むタイプのパッドもあります。これは、おねしょ防止だけでなく、日中のお漏らし防止にも有効です。

パンツを履いている感覚なのにトイレトレーニングもできるので、オムツを嫌がってパンツを履きたがるお子さんにもぴったりですね。

しかし、子供の物は意外とお金がかかる…。お子さんが多いご家庭のお悩みでもあるかと思います。そんな時、100均で買っておくと便利なのがお掃除グッズです。

先に紹介したクエン酸やスプレーボトルなども100均で揃います。特に、クエン酸はおねしょ掃除だけでなく、トイレ掃除にも大活躍するのでスプレーボトルに入れてトイレに置いておくと日々のお掃除でも役立ちますね。

また、吸水タオルや使い捨てタオルも販売されているので、掃除用として数枚購入しておくと気兼ねなく使えるため買って常備しておくと良いでしょう。

筆者オススメのグッズとして、ペットシーツの便利さもご紹介します。ペットシーツは、犬や猫のペットがいるご家庭だけでなく、子供のいるご家庭でも非常に役立ちます。

おねしょをされたとき、その部分の水分を吸い取る際に使えるのはご紹介しましたよね。

それだけでなく、ノロウィルスや胃腸風邪で嘔吐する場合や、おねしょが頻繁な場合、お昼寝をするだけの短時間の場合など、必要な場所に数枚敷いておくと非常に便利なんです。

なぜなら、一枚のサイズが大きくないので、取り換えも素早く出来ますし、広範囲まで取り替えなくて良いからです。さらに、たくさん入って安価なので、気にせず使えるのも魅力的です。

家電や日用品で便利なグッズもあります。先に紹介した室内物干しや布団乾燥機がそうですが、ネットショップで安価でもしっかりしたものがたくさん販売されているので、一家に一台あると便利です。

さらに、掃除機につないで使える水洗いクリーナーも人気です。

カーペットや布団だけでなく、ソファやベッドマットレス、車のシートなどにも使えるので、ペットのお漏らしやマーキングだけでなく、お子さんの嘔吐やおねしょ、ジュースをこぼした時などにも使えるので良いですね。

こちらはレンタルもあるので、必要な時に活用するのも便利です。

まとめ

あまりにもおねしょの回数が多い…いつまで経ってもおねしょが減らない…などと心配されるママさんも居るでしょう。

おねしょには、夜尿症という症状が隠れている場合もあるので、あまりにも気になる場合は小児科を受診されるのも一つの手として知っておくと良いでしょう。

忙しい朝におねしょされた時や、繰り返されるおねしょには、出来るだけ時短で済ませたいですよね。

便利グッズを活用しておねしょを防ぐ工夫と対策を万全にして、一年を通して家族みんな快適に眠れると嬉しいですね。