辛いものを食べるとお腹を壊す理由は?実際に効果のある2つの対処法

カレーやキムチなど辛いものって美味しいですけど、お腹を壊してしまうという方はいませんか?私も辛いものは好きで頻繁に食べているのですが、よくお腹を壊してしまいます。

そこで、今回は皆さんも食べるカレーに焦点を絞り、辛いものを食べるとお腹を壊してしまう理由と、私も試して効果があったお腹を壊さない方法、辛いものを食べ過ぎると起きてしまうことについてご紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

辛いものを食べると何故お腹を壊すの?

辛いものが好きで食べたいけれどお腹を壊してしまう。そもそも辛いものを食べると、何故お腹を壊すのだろうかと疑問に思っている方は多くいると思います。ここではカレーを題材にお腹を壊す原因を紹介していきます。

実は辛いカレーを食べてお腹を壊してしまうのには身体の調子の他に、カレーの種類にも原因がありました。ここではお腹を壊しやすいカレーの種類や、身体の調子についてご紹介していきます。

カレーの種類

大好きな人が多いカレーですが、実は種類によってお腹を壊しやすくなってしまいます。1つずつご紹介していくので、参考にしてみてください。

グリーンカレー

タイカレーとも言われているグリーンカレーですが、実はある材料がお腹を壊しやすくしてしまう原因なのですが、ご存知ですか?その材料というのは、私たちもよく知っている「ココナッツミルク」です。

何故、グリーンカレーに入っているココナッツミルクがお腹を壊してしまうのかというと、脂肪分が多いのと身体への作用が関係していました。ダイエットにもおすすめされているココナッツミルクですが、脂肪分が多く日本人の体質では消化不良になりやすいのでお腹を壊してしまいます。

また、体を冷やす作用があるので、お腹を冷やしてしまい壊してしまう場合もあります。ココナッツミルクを使用しているグリーンカレーでお腹を壊してしまう場合、少量のココナッツミルクを摂っていき慣らしていけばお腹を壊すことが少なくなります。

インドカレー

色々な種類のスパイスを使用しているインドカレーですが、そのスパイスがお腹を壊してしまうことがあります。私たちがよく聞くスパイスである「クミン」ですが、実は「消化促進」効果を持っているのをご存知ですか?

また、インドカレーに使用されているスパイス全般に「血行促進」効果があるので、血行が良くなり消化器系が活発になるのでお腹を壊してしまう事が多いのです。

カレーの辛さに使用されている唐辛子などに含まれている「カプサイシン」も、とり過ぎてしまうと腸を刺激してしまうのでお腹を壊してしまう原因にもなってしまいます。辛いものを食べる時には、あまり辛過ぎないものを食べるようにしましょう。

身体の調子

辛いものを食べるとお腹を壊してしまう理由には、身体の調子も大きく関わってきます。風邪気味など喉や胃の粘膜が弱っている時に辛いものを食べると、刺激が強くお腹を壊してしまいます。

なるべく風邪気味の時は唐辛子を使用している辛いものを食べるのは避けましょう。どうしても辛いものが食べたい時は、納豆やレンコン、オクラなどのネバネバしている食材は粘膜を保護してくれる働きがあるので、辛いものを食べる時は野菜カレーなどを食べるのがおすすめです。

辛いものでお腹を壊さないようにするために

辛いものを食べてもお腹を壊さないようにしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという方が多いと思います。私も最初はどうしたらいいのかわからなかった一人です。

ネットで調べてみたりもしましたが、嘘の情報もあるので何を信じたらいいのかわかりませんでした。そこで私が色々と試してみた中で、実際にお腹が壊しにくくなった方法を2つご紹介します。

辛いものを食べるとお腹を壊してしまうと悩んでいる方は、ぜひ試してみてください!

カラダを慣らす

まず1つ目は「辛いものにカラダを慣らす」事です。カラダが辛いものになれていないと、辛さの原因でもあるカプサイシンの刺激でお腹を壊してしまいます。

お腹を壊さないようになるためには、カラダに辛いものに慣れてもらわなければいけません。いきなり辛いものを沢山食べてしまうと、身体に毒なので少しずつ食べて慣れていきましょう。

私はカレーの他に韓国料理が好きなのですが、韓国料理もかなり辛い料理が沢山あるので、食べるとお腹を壊してしまう事が多々あるのですが、キムチを少しずつ食べるようにした所、お腹を壊してしまう事が減りました。

毎日少しずつ辛いものを食べてカラダに慣れてもらうことは大事ですが、体調が良くない時はお休みをしてくださいね。辛いものは粘膜を刺激してしまうので、風邪など悪化させてしまう恐れがあります。元気な日に少しずつ食べるようにしましょう。

食べる前に牛乳を飲む

そして2つ目は「辛いものを食べる前に牛乳を飲む」事です。辛いものを食べる時には、牛乳を飲むのが良いと聞いた事があるという方もいると思いますが、実は牛乳やヨーグルトといった脂肪分・乳酸菌が含まれている飲み物には辛さを緩和してくれる効果があります。

インドカレーのお店にラッシーという飲み物が置いてある事がありますが、ラッシーはカレーの辛さを緩和してくれる理にかなった飲み物なのです。私も辛いものを食べる時には必ずといっていいほど、牛乳を一緒に飲むようにしています。

牛乳に含まれている成分「カゼイン」が、カプサイシンなどの刺激から守ってくれる働きをしてくれるのでお腹を壊す事が少なくなります。牛乳アレルギーの方はヨーグルトでも大丈夫なので、ぜひお試しください!

辛いものを食べ過ぎてしまって起こること

辛いものは食欲が進むので、ついつい食べ過ぎてしまう事ってありますよね。実は、辛いものを食べ過ぎてしまうと、味覚紹介や病気を悪化させてしまったりするので食べ過ぎには注意が必要です。

実際に辛いものを食べ過ぎてしまうとどんな事が起きてしまうのかをご紹介します。

味覚障害

辛いものを食べ過ぎて起きてしまう症状として「味覚障害」があります。私たちの舌には「味蕾」という甘さや塩気、酸味、苦味を感じる受容器があるのですが、辛いものを食べ過ぎてしまうと味蕾が壊れていってしまいます。

味蕾が壊れてしまうと味付けが薄く感じたり、より刺激が強いものを欲しがったりしてしまうので悪循環に陥ってしまいます。味覚障害を起こさないためにも、辛いものを食べる時は適量を食べるようにしましょう。

病気の悪化

辛いものを食べ過ぎてしまって起きてしまう2つ目は「病気が悪化」してしまう事です。例えば喘息を持っている方は辛いものを食べ過ぎてしまうと、粘膜を刺激して気管支狭まってしまうので、咳や息切れなどの症状を引き起こしてしまいます。

喘息を持っている方は悪化させないためにも、辛いものの食べ過ぎには注意が必要です。また、辛いものを食べ過ぎてしまうと食道の細胞が傷付き、「食道がん」になりやすくなってしまいます。

ガンになってしまうリスクを最小限に抑えるためにも、辛すぎる食べ物には気をつけてくださいね。

まとめ

今回は辛いものを食べると何故お腹を壊してしまうのか、お腹を壊さない方法、辛いものを食べ過ぎると起きてしまう恐ろしいことについてご紹介してきました。

辛いものを食べる時の体調にもよりますが、辛みの成分であるカプサイシンの働きによってお腹を壊してしまう事がほとんどです。辛いものを食べる時には、牛乳やヨーグルトなどの脂肪分・乳酸菌が含まれている飲み物と一緒に食べるようにして、お腹を壊さないようにしましょう!

また、辛いものを食べ過ぎてしまうと味覚障害や喘息などの病気を悪化させてしまうので、食べる時には適量に留めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください