もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

手作りケーキの賞味期限・日持ち | 長持ちさせるための重要な2つのこと

自宅でケーキを作った時、そのケーキの賞味期限が気になったことはありませんか?

この記事ではケーキの種類別の賞味期限を紹介していきます。

記事を読み終えると、どのケーキがどのくらい持つのかがわかります。自分で食べる際やプレゼント、お土産として持っていく際に役立てて下さい。

ケーキの賞味期限

ここでは、生クリームケーキ、シフォンケーキ、レアチーズケーキ、ベイクドチーズケーキ、ガトーショコラ、チョコブラウニー、マフィン、パウンドケーキの賞味期限をそれぞれ紹介していきます。

生クリームのケーキ

賞味期限:冷蔵庫で1日〜2日

いちごのショートのような、生クリームと果物のケーキの賞味期限は、ケーキの中でも最も短く1日〜2日です。

時間が経つにつれて味や風味が落ちてしまうので、理想の賞味期限は当日です。

時間が経つにつれて果物から出た水分と生クリームでベチャっとなり美味しくなくなっていくので、当日中に食べることをおすすめします。
果物を使っていない生クリームだけのケーキは冷蔵庫で4日程は大丈夫です。

シフォンケーキ

賞味期限:冷蔵庫で3日程度

シフォンケーキはふわっとさせるために、生クリームを使っているので賞味期限は3日程です。

生クリームが入っているので必ず冷蔵庫で保存してください。作りたてが一番ふわふわとした食感と出来立ての味が楽しめるので、なるべく早く召し上がる事をおすすめします。

レアチーズケーキ

賞味期限:冷蔵庫で3日程度

レアチーズケーキの賞味期限は冷蔵庫での保存で3日程です。土台であるクッキーが、だんだんと上の生地の水分などでしっとりとしてきて食感が楽しめなくなってきます。

作ったらなるべく早く食べることをお勧めします。デコレーションにみかんなど、果物を使っている場合は当日中が一番美味しく食べることができます。

時間が経つと果物の水分が出てきて風味や味が落ちてしまいます。

ベイクドチーズケーキ

賞味期限:冷蔵庫で4日程度

ベイクドチーズケーキは作ったその日より次の日の方が味が馴染んでより美味しくなります。

なので、お土産やプレゼントなどで作る場合は、あげる日の前日に作るとベストな状態で渡すことができます。

ガトーショコラ

賞味期限:冷蔵庫で5日程度

ガトーショコラも作ったその日よりも翌日のほうが味がしっかりついて美味しくなります。

日持ちは5日程と長いですが、2~3日中に食べるのが一番美味しい状態で食べることができるのでおすすめです。

4日を過ぎるとだんだんと水分が飛びパサパサしたり味が落ちてきてしまいます。

チョコブラウニー

賞味期限:常温で4日程度 ※気温が高い夏場などの時期は冷蔵庫へ入れること

ナッツなどのアクセントがたまらないブラウニー。常温の保存で5日程度持ちます。

比較的日持ちするので、バレンタインデーやちょっとしたイベント事、お土産にもオススメです。作り方も簡単なのでホワイトデーのお返しにもオススメです。

カップケーキ・マフィン

賞味期限:常温で3日〜4日程度

飾り付けに生クリームなどを使っていない場合は、常温で3、4日程は保存することができます。

一つずつラップで包んだり、タッパーなどの密閉容器に入れて保存すると、乾燥を防ぐことができ、翌日以降でもしっとりとした状態のまま食べることができます。

食べる際にラップをして温めると、水分が飛ばずパサつかないので、より美味しく食べることができます。

パウンドケーキ

賞味期限:常温で1週間程度、リンゴなどの果物入りは5日程度 ※気温が高い夏場などの時期は冷蔵庫へ入れること

パウンドケーキは、ケーキの種類の中でも日持ちはする方で、一週間ほどは持ちます。

リンゴなどの果物が入ったパウンドケーキの賞味期限は、入っていないものよりも短くなり5日程になります。

夏場などの気温が高い時期は常温で保存しておくと腐ってしまうので冷蔵庫に入れて保存するようにしてください。

手作りケーキの日持ちするコツ

手作りケーキを日持ちさせるための2つのポイントを紹介します。

密閉して空気に触れないようにする

冷ましていることを忘れて外に放置したままにしないように気を付けてください。ケーキは乾燥に弱いのでなるべく早く密閉容器に入れて保存することが美味しくケーキを保つコツです。

ケーキが大きくてタッパーなどの密閉容器に入らない場合は、お皿をラップをして乾燥を防いでください。空気に触れることで水分が飛びパサパサのケーキになってしまいます。

熱いまま保存しない

冷める前の温かいうちに保存容器に入れたり、お皿にラップをかけてしまうと中で水蒸気が発生して腐る原因となります。きちんと冷ましてから保存するようにしてください。

手作りケーキを冷蔵保存する方法

手作りケーキを冷蔵保存するコツはどれだけ空気を遮断するかということです。

作った状態のまま冷蔵庫に入れてしまうと空気に触れてしまい水分が抜けることでケーキがパサパサになってしまいます。冷めたらすぐに容器などに移しましょう。

オススメの方法は密閉性の高いタッパーに入れてしまう事です。タッパーに入らないようなら、お皿に入れてラップをしたり、固めのものなら一つずつラップをするのもおすすめです。

ホールケーキなどは数カ所爪楊枝をさしてラップをするとラップとクリームが触れる面積が減り見た目も綺麗なまま保存できます。

ケーキを日持ちさせる方法 まとめ

密閉して空気に触れないようにする

ケーキは空気に触れれば触れるほど乾燥して味や風味が落ちてしまいます。なるべく出来立ての状態を保つためになるべく早く密閉容器に入れたりラップをしてください。

熱いまま保存しない

ケーキが冷める前にラップをしたり密閉容器に入れてしまうと水蒸気の水分でケーキが腐りやすくなってしまいます。

必ず完全に冷めたことを確認してから保存するようにしてください。