ヨーグルトメーカー作ったヨーグルトが固まらない!その原因と対処法

健康志向のブームの火付け役と言っても過言ではないヨーグルト。自家製に挑戦する人も多いのでは?

ただ、ほうっておけばできるというわけではなく、気を付けることがたくさんあります。

そこで便利なのが、ヨーグルトメーカーですよね。でも、説明書通りちゃんと作ったはずなのに、ヨーグルトが固まらない!なんてことはありませんか?

この記事を読むことで、ヨーグルトメーカーで作ったときに固まらない原因が分かり、対処法を知ることが出来ます。

ヨーグルトメーカーでヨーグルトが固まらない理由

理由は、いくつかあります。そもそも、ヨーグルトがどのようにしてできるか知っていますか?

ヨーグルトは、乳酸菌が牛乳などに含まれている糖分からできる乳酸という酸が、乳のたんぱく質を固めることでできます。

この乳酸を生み出すことを「乳酸発酵」といいます。発酵がうまくいかないと、ヨーグルトは固まりません。では、その理由で代表的なものを紹介します。

古い種菌や古い牛乳を使ったから

理由として一番多いのはコレです。ヨーグルトの乳酸菌は生き物です。古いヨーグルトを使うと、菌の活動が弱まります。

また、瓶やパックを開封してから時間の経つ牛乳を使うと、牛乳の中に雑菌が入っていて、乳酸菌のはたらきをじゃまする可能性があります。

また、種菌を使い回すのもよくありません。古い種菌は、発行する力が弱く、固まりにくくなります。2~3回使ったら、新しい種菌を用意するとよいでしょう。

種菌の種類が合わなかったから

ヨーグルトメーカーで作るのに向いている種菌と、そうでないものがあります。

ヨーグルトの乳酸菌には、動物性、植物性の2種類があります。どちらも自分で作ることはできるのですが、ヨーグルトメーカーとの相性が悪いものもあります。

説明書をよく読んで、発酵時間や温度など、そのヨーグルトメーカーに適したもの選んでいるか確かめましょう。

種菌の混ぜ方がよくなかったから

乳酸菌が乳の中でまんべんなく混ざらないと、ヨーグルトは固まりません。牛乳の種菌を入れたら、しっかりと混ぜます。

そして、ヨーグルトメーカーのスイッチを入れた後は、混ぜません。様子を見ようとして、スプーンなどでいじるのも固まらない原因になってしまいます。

発酵温度や発酵時間が間違っていたから

ヨーグルトメーカーは機械だからと安心していませんか?

機械には必ず「クセ」があります。また、使う種菌によっても微妙な違いがあります。何度か作って見極めるのも必要です。

この他にも、雑菌の混入、種菌を混ぜる時の牛乳の温度、種菌と牛乳の割合など、いろいろな可能性があります。説明書をよく読んで、最適な状態で作るように心がけましょう。

また固まらないからといって、捨てるのはもったいないですね。固まらなかったときは、「固まらないまま使う」もしくは「復活させる」のどちらかで対処しましょう。

ヨーグルトメーカーで失敗した場合のヨーグルトは食べられる?

結論から言うと、食べられます。先程説明した「固まらないまま使う」がコレ。

活用方法

1.ゆるさを利用して、調味料としてや、下ごしらえの時に使う。

ヨーグルト風味のドレッシングや、肉料理の漬けダレとして活用するのも手です。一度にたくさんは消費できませんが、固さが気にならないので、ヨーグルトの代用になります。

2.シャーベットにする。

いっそのこと凍らせてしまうという方法です。甘味が欲しい人は、冷たいものに溶けやすいグラニュー糖を混ぜるとよいでしょう。

冷凍庫に入れて30分~1時間くらいしたら一旦取り出し、よく混ぜるという作業を繰り返せば、口溶けのよいシャーベットになります。

また、大きめの製氷皿に固まらなかったヨーグルトを流し込み、1つ1つにピックをさして凍らせれば、アイスキャンディーのようになります。

3.スイーツ作りに使う。

これも、固さが気にならない使い方ですね。ホットケーキを作る時に、牛乳の代わりに使うと、さっぱり、ふんわりとした仕上がりになります。

4.水分を取って食べる。

水切りヨーグルトにする方法です。固まったヨーグルトで作る時よりも、ゆるく仕上がる場合がありますが、固さがヨーグルトに近づきます。

5.飲むヨーグルトにする。

一番手っ取り早いのがコレ。そのままでも、ジャムなどを混ぜて味を変えてもいいですね。スムージーに入れるのもおすすめです。

ヨーグルトメーカーでヨーグルトが固まらなかったときの復活させる方法

それでもやっぱり固めたい場合は、次の3つがおすすめです。順に試してみましょう。

1.加熱時間を延ばす。

種菌の種類によりますが、時間通りに発酵できていないことがあります。説明書の温度設定で、2~3時間くらい追加で加熱してみましょう。すると、発酵が進んで、固まることがあります。

2.もう一度殺菌加熱する。

一からやり直す方法です。乳酸菌のはたらきが弱まっていたり、雑菌が入ってしまっていたりする可能性があるからです。

まず、鍋で沸騰直前まで温めて殺菌し、すぐに適温まで下げます。その後、種菌を入れ直して保温します。

3.冷蔵庫に入れる。

できたてのヨーグルトは、意外とゆるいものです。お店で売っているヨーグルトは、たいてい冷蔵されていますよね。

固まっているのは、冷やされているからという面もあります。ですから、ゆるくても冷凍庫に入れて冷やすと、ちゃんと固まることがあります。

まとめ

・ヨーグルトメーカーで作ったときに固まらない原因は、いくつかある。思い当たるものはないか、検討する。

・ヨーグルトが固まらなくても、使い道がある。

・固まらなかったヨーグルトを、復活させることも出来る。

せっかく自家製ヨーグルトに挑戦したのに、失敗するとショックですよね。

でも、原因を見つければ、次から失敗しにくくなると思います。また、固まらなくても対処法を知っていれば、材料が無駄になりません。

さあ、おいしいヨーグルトを作って、健康的な食生活を手に入れましょう!