白子ってどんな味?どの部位なの?実は低カロリーで高たんぱく!

寒くなってくると居酒屋で目にすることが多くなる白子。最近ではお寿司屋さんなどでもたまに見かけます。柔らかくとろっとしていて、酒のあてにもぴったりですよね。

多くの人に愛される白子ですが、見た目がかなり独特ですよね。はじめは食べるのに抵抗のある人も多いのではないでしょうか。わたしも初めて白子を見たときは見た目のインパクトが強すぎて「なにこれ…?」と正直に言ってしまいました。

味の想像なんて全くできなかったので本当に未知の食材でした。今回はそんな高級食材、白子について紹介していきます!「白子ってどんな味?どの部位なの?」「食べてみたいけどカロリーが気になる…」そんな疑問を解決していきます。ぜひ最後まで見てみてください!

白子ってどんな味?

白子の味は正直、説明するのがとても難しいです。濃厚で甘く、魚の美味しいエキスを凝縮させたような、そんな味がします。食感は新鮮であればあるほどむっちり、クリームのような重厚感があります。

大きい方が密度も高く、どっしりとした白子が味わえます。白子は調理方法もさまざまなため、それによっても味は変わってきます。軽く湯通ししてポン酢で食べる「白子ポン酢」が一般的です。

ポン酢の爽やかな酸味のよって、より一層白子の甘みが引き立ちます。濃厚な白子ですが白子ポン酢にするとさっぱりと食べられます。生で食べるほかには鍋に入れたり、網で焼いて塩につけて食べたりします。

高級料亭ではさくさくの衣のついた「白子の天ぷら」も食べることができます。天ぷらにした白子は中がふわふわな食感になり、より重厚なクリーム感が楽しめます。

さまざまな調理方法で楽しめる白子ですが調理の上で注意すべきことがあります。それは「火を通しすぎないこと」です。白子は火を通しすぎると固くなったり、濃厚さが薄れたりしてしまいます。

加熱の目安は白子の中心が少し温まる程度。自分で調理する際は加熱度合いに注意してみてください。白子を買うには魚屋さんが一番ですが、最近はスーパーでも白子を手に入れることができます。

鮮度のいい白子は身がぷっくりとしていて張りがあり、余分な水分が出ていないものです。新鮮なものとそうでないものとでは濃厚さや深みが全く違い、新鮮なものは魚特有の臭みもありません。ぜひ購入の際は参考にしてみてください。

白子の部位ってどこ?

白子の部位は「魚類の精巣」です。また魚類の精巣自体を白子とは呼びません。魚類の精巣を「食材」として使う場合のみ白子と呼びます。精巣であるため白子はオスからしか取ることができず、取れる量も少量です。

その希少性から珍味とされ、高級食材として愛されています。また養殖魚か天然魚かでも白子の値段は大きく変わってきます。高いものだと天然魚の白子は、養殖魚の白子の6倍の値段になることもあります。

魚類の中でも「タラ、アンコウ、フグ」の白子は味が良いとされています。「イカ」の白子も味が良いとされていますが、特に希少なものなので一般的にはあまり出回りません。高級料亭などで目にすることができます。

白子は魚類の産卵期である、1月~2月が最も美味しい時期とされています。この時期を過ぎると白子に水っぽさが出てきたり、食感が薄れたりします。土地や海域によっても少し変わってきますが、1月~2月にかけては魚類の産卵期とされています。

魚類は産卵期になると積極的に餌をとり、脂肪を蓄えるため身が育ちます。この時期になるとアミノ酸などのうまみ成分も増加するため、白子自体の質も高まります。初めて白子を食べる時期はぜひ旬の時期を選んでみてください。

白子のカロリーはどれくらい?栄養もあるの?

白子のカロリーは100グラム当たり、約70キロカロリーです。白米100グラム当たりのカロリーが約180キロカロリーなので、白米の三分の一ほどのカロリーになります。

濃厚な白子ですが、実は低カロリーな食材なのです。さらに白子には豊富な栄養素があります。身体を構成する働きのある「たんぱく質」がその代表です。また美肌の元となるさまざまな「ビタミン」や「ミネラル」も含まれており、アンチエイジングにも効果があるといわれています。

鮭の白子はDNAやプロテインも豊富で、滋養強壮にも効果的です。しかしアンコウやフグの白子はコレステロールも多く含んでいます。

コレステロールを摂取しすぎると肥満になりやすかったり、血圧が上がったりするので適度な量を食べるようにしましょう。

まとめ

ここまで白子について紹介してきましたが、まとめてみると

・白子の味は濃厚で甘く、クリームのような重厚感がある

・白子の部位は魚類の精巣

・白子は低く、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富

ということになります。はじめは独特の見た目から手が付けにくいかもしれませんが、一度食べると病みつきになる人が多いのが白子です。

初めて食べる人は火を通したもののほうが食べやすいと思います。さまざまな調理方法で楽しめるのも白子の魅力の一つです。ぜひ自分好みの楽しみ方を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください