【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

ドライアイスを長持ちさせる保存方法とは?空気の遮断がポイント

保冷に便利なドライアイス。桜も開花する季節です。レジャーを計画したりする方もいらっしゃると思います。保冷効果が高いので是非利用したいものです。食品の搬送にも使われます。

しかし扱い方をご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。入手してから使用するまでに時間が空く場合などもあるかと思います。そんな時はどのようにしますか?冷凍庫で大丈夫でしょうか。

実はドライアイスは一般の環境の下ではその姿を維持することが出来ません。業者が配送している段階ですら昇華(気化)しているのです。ドライアイスの凝結点はもっと低いからです。

でもある方法で昇華(気化)するスピードを遅らせることが出来ます。この方法を使うと昇華(気化)する原因を遮断できます。実際に取り扱い業者もこの方法で搬送しています。

ここではドライアイスの性質と保存方法そして実際に使用する上での効果的な冷やし方と注意事項をご説明します。これを読んでドライアイスをうまく活用してください。

ドライアイスの保存のコツは空気の遮断がポイント



ドライアイスの敵は空気です。空気に触れないようにすることで気化するスピードを抑制できます。

ドライアイスとは炭酸ガスを個体化したもので-79℃で凝結します。この-79℃より低い温度ではその形を維持できずに気体の炭酸ガスに戻っていくのです。

この個体から気体に変化することを昇華というのですが、この昇華する際に周りから絶えず熱を奪いながら気化していくという特徴があるのです。ですから直接空気が触れないようにすると、昇華するスピードを抑制できるのです。

しかしながら凝結店がー79℃の状態でしか形を維持できないため、常温の環境の下では少しずつ昇華しています。具体的な保存方法を以下でご紹介いたします。

ドライアイスを新聞紙などの紙や布を使って保存する

新聞紙などの紙や布で包むことで空気に直接触れることなく保存することが出来ます。

こうすることで空気を遮断できるだけでなく、ドライアイスの冷気に包まれる形になり冷やすことができます。

なるべく大きな形のまま保存する

ドライアイスはなるべく粉砕せずに大きな形で保存します。形が小さいほど昇華する速度が速くなるからです。ブロックの状態の方が長く持ちます。

保存容器として発泡スチロールを使用すると保存効果が高い

発泡スチロールは熱の遮断の効果が高いので是非保存容器として使用していただきたいものです。新聞紙に包んだドライアイスをさらにシーツや毛布で包み発泡スチロールに収めます。または発砲の隙間を新聞紙で埋めます。

なるべく空気を入れないようにするためです。発砲のサイズもできるだけ隙間がでないようなサイズを選んだほうが効果が上がります。

発泡スチロールは外部の熱を遮断するので常温に置いておいても大丈夫です。ですがなるべく冷暗冷所・風が通らない場所を選びます。そして蓋をしっかりと閉めて使用するまで蓋を開けずに保存すると中の温度を保てます。

発砲スチロールは冷凍庫に入れても冷凍庫の熱が伝わりにくいので意味がないのですが、クール便でもアイスクリームや鮮魚等の低温が必要な場合は発砲スチロール容器で冷凍配送する事もあるので冷暗所として活用出来ます。

保存容器には専用のボックスというものもあり、特殊な発泡スチロール製で出来ているので長持ちします。

冷凍庫に直接ドライアイスを保存しない

冷凍庫は-18℃程度の温度です。ドライアイスの温度は-79℃なので冷凍庫でも昇華していきます。それでも常温よりはマシだと冷凍庫で保存する方がいらっしゃいますが、その保存方法はお勧めできません。

その理由ですが、冷凍庫はドアの開閉が行われるためです。温度変化が起きてしまいますし、昇華すると二酸化炭素になります。

その量は個体の体積の750倍なので、庫内に溜まった二酸化炭素が室内に沈殿します。換気に気を付ければ問題ありませんが、目に見えないものだけに危険です。

さらに庫内には冷風がありドライアイスは風が弱点だからです。いくら紙に包んでいたとしても冷風により昇華速度が上がってしまうからです。

実際に発泡スチロールでの保存法では15時間という実験結果に対し、冷凍庫やクーラーボックスでは4時間程度の結果しか出ていません。

効果的な冷やし方

実際に食品等を冷やすときに効果的な冷やし方をご紹介します。

保冷用機に食品等冷やしたいものを入れますが、その際物と物の間に隙間を作ります。空気の熱をドライアイスが奪うため空気が冷やされます。

冷やす物の上にドライアイスを置きます。冷気は上から下へと流れていくので下に冷気が溜まり物がよく冷えます。

保冷容器の下に氷や保冷剤を入れておくと冷やされて高い保冷効果が期待できます。またドライアイスが全部昇華した後もしばらく保冷材や氷の冷却効果が残るので、その分長く冷却できます。

細かい方がよく冷えます。ただし昇華するスピードは速まるので注意が必要です。割って使用する時は真ん中を割るようにします。飛び散ることが無くきれいに割れ、破片でケガをする心配もありません。

取り扱うときの注意事項

ドライアイスを取り扱う際に幾つか気をつけていただきたいことがあります。

二酸化炭素に注意する

先程も記しましたが、ドライアイスが昇華すると二酸化炭素になりますが、その量は固形の750倍にもなります。二酸化炭素は重いので下に溜まっていきます。換気に気を付けてください。

例えば自動車に積んでいて中毒になった事故や、高いところで使用し二酸化炭素が階下に溜まって窒息や酸欠になった例があるので気を付けてください。二酸化炭素の濃度が5%~10%で中毒になる可能性があります。

間違っても密封されたペットボトルに入れたりしないでください。破裂の恐れがあります。炭酸水を作ることはできますが、飲食用として作られていないので健康面でもよくありません。

素手で触らない

触るときは軍手などを使用してください。ドライアイスの表面温度は-79℃なので素手で触ると凍傷の恐れがあります。

ドライアイスの性質を利用して保存し安全に活用する

これまでのドライアイスを長く保存する方法や効果的な冷やし方、注意事項を以下のようにまとめました。

  • ドライアイスの温度は-79℃なので一般の環境で昇華を完全に止めることはできない。
  • 紙又は布で包んで発泡スチロールに入れて冷暗冷所、風が通らない場所で保管すると空気を遮断し冷気をまとうことが出来るので15時間くらい保存できる。
  • 冷凍庫での保存は開閉の際の温度変化、冷風で昇華速度が加速すること、二酸化炭素の流出がある。
  • 物を冷す時は保冷容器に物と物との間に隙間を開け、物の上にドライアイスを置くとよく冷える。
  • 保冷材や氷を併用すると冷却効果が上がる。
  • 割って使用するとよく冷える。割る時は真ん中から割ると飛び散らない。
  • 素手で触わると凍傷の危険がある。
  • 昇華する時二酸化炭素が発生するので、換気に気を付ける

ドライアイスは冷却の力が氷のおよそ3.3倍もあり、是非活用したいものではありますが、その保存方法は難しいという一面を持っています。また酸欠や窒息、凍傷の危険も併せ持っています。

しかし今回説明した通りの保存の仕方を是非実践してドライアイスを効果的に活用してください。